自分は大丈夫と思わないで!男性不妊検査のすすめ

男性原因の不妊の割合

不妊は女性側に原因があると思われがちですが、不妊原因の約3割程度は男性側に起因しています。
赤ちゃんを授かるのは夫婦二人の協力が必要不可欠です。
男性も女性と一緒にクリニックを訪れ、積極的に検査や治療に参加してほしいと思います。

初診にはいついけばいい?

男性の場合は思い立ったらすぐに見てもらうことができます。
妊活は夫婦二人で行うものですので、パートナーと一緒に受診するのが理想です。

精液検査

精液中の精子の数・運動率を検査し、妊娠可能な状態かどうかを確認します。
問題がある場合の原因は、精巣の発育不全や精子が正常に送り出されていない等、様々です。この場合、自然妊娠やタイミング療法を試みても成功しません。
時間を無駄にしない為にも、この検査も必ず最初に受けておくことをおすすめします。

会社で健康診断は受けますが、不妊症検査は自主的に受けるしかありませんので、普通に生活していて妊娠しにくいかどうか気が付くことはなかなかできません。

いざ赤ちゃんが欲しいけどなかなかできない・・・と思った時には数年経っていることも珍しくありませんので、35歳以降の方は1日でも早く検査を受けて欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました