妊活中に避けた方が良い食べ物は?

妊活中は避けた方がよい化合物や食材

妊娠のためには体づくりが大切ですが、そのためには好きな物を好きなだけ食べていては、赤ちゃんの為に良い身体にはなれません。
妊活の為になるべく摂取を控えるとよい食材を紹介します。

アルコール

晩酌を一緒に楽しむご夫婦も多いかと思いますが、過度なアルコールは妊娠に影響があるとされています。
1日にワイングラス1、2杯程度は問題ないようですが、赤ちゃんを授かるためのほんのひと時と考えて、アルコール断ちを頑張りましょう。
妊娠してからのアルコールの摂取は胎児の発育不良や先天性異常の原因となるので、絶対に摂取を避けましょう。

アルコールは普通の料理にも入っていますよね。料理酒はOKなの?と気になる方もおられるのではないでしょうか。料理酒は調理過程の加熱でアルコールを飛ばしていれば問題ありません。
みりんもアルコールですので、料理に使用する際しっかり加熱すればOKです。

カフェイン

妊娠中はカフェインが良くないとよく耳にしますよね。
カフェインはコーヒーの他、緑茶(特に玉露)・紅茶・コーラ・エナジードリンクなどにも含まれています。
カフェインの過剰摂取は妊娠率を下げるというデータもあるので、妊活中は摂取を控えるのがよいでしょう。
1日に1、2杯程度は問題ありませんが、ノンカフェインの飲料に置き換えるなどして摂取量を減らしましょう。

食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~

 

ノンカフェインでおすすめは、ルイボスティーやハーブティー、麦茶、たんぽぽコーヒーなど。
私は職場ではカフェインレスコーヒーを代替として飲んでいました。自宅ではほぼルイボスティーのみ。ハーブティーも色々あって香りを楽しめるので、自分のお気に入りを探してみるのがお勧めです!

 

トランス脂肪酸

加工食品やジャンクフード、スナック菓子などに多く含まれる脂肪酸で、加工工程で発生します。
動脈硬化やアレルギー性疾患の原因となりますので、妊活に必要な健康的な体の為には控えたいところです。

血糖値を上昇させる食材

上白糖、炭水化物(麺類)を多く摂ると血糖値が上昇し、糖尿病の原因となります。糖尿病は血糖値を下げるホルモンであるインスリンの代謝を妨げます。
このインスリンが排卵作用に大きく係わっており、血糖値が高いと排卵障害の原因となります。
上白糖を多く使用した甘いお菓子や単体の炭水化物を控え、おやつはドライフルーツやナッツに置き換えるなど工夫をするとよいと思います。

タイトルとURLをコピーしました