加齢と不妊の関係は?35歳以上の妊娠率

初産婦の年齢が35歳以上は高齢出産とされています。(日本産婦人科学会が提唱)

35歳以上の妊娠率は徐々に低下

現代社会において女性の社会進出による晩婚化などの要因により、近年の初産の平均年齢は30歳を超えています。一方で年齢が35歳以上の出産数は減少しており、加齢と妊娠率には密接な関係があることが証明されています。

出典:厚生労働省 人口動態調査 母の年齢(5歳階級)別にみた年次別出生数・百分率及び出生率(女性人口千対) よりデータを引用し作成”

35歳以上の治療成績と流産率

現在は高度な不妊治療の技術が確立されており、自然妊娠が望めない夫婦でも妊娠をすることができるようになりました。
しかし、無視できないのが流産率です。加齢とともに流産率も高くなり、せっかく着床したのに流産をしてしまうことも。
歳をとることは止めることができません。思い立ったら1日でも早くクリニックを受診し、少しでも可能性の高いうちに治療を受けましょう。

”出典:日本産科婦人科学会 ARTデータブック2017 http://plaza.umin.ac.jp/~jsog-art/2017data_20191015.pptx  よりデータを引用し作成”
タイトルとURLをコピーしました